プロバイダと回線を切り替えるため、36か月縛りの楽天ひかりを解約してみた

コンピュータ
スポンサーリンク

自宅のインターネット回線が無料で利用できるようになったため(NURO光になりました)、楽天ひかりを解約してみました。

3年縛りがあるため、解約費用が1万円近く発生しますが、3か月でペイできるため1日でも早く解約せねば。。。

スポンサーリンク

解約手順

ホームページのメンバーズステーション、または電話で解約手続きが可能のようです。

今回はホームページから解約を進めましたので、手順を記載しておきます。

メンバーズステーションへアクセス

楽天ひかりのホームページより、メンバーズステーションへアクセス。

楽天ひかりホームページより引用

解約申請から進めればok

ログイン後、↓の方にスクロールして、「解約申請」を選択

楽天ひかりメンバーズステーションより引用

契約期間を確認すると、解除手数料10,450円が確認できる。

楽天ひかりメンバーズステーションより引用

注意事項がいろいろ記載しているため、一通り確認しておくこと。

楽天ひかりメンバーズステーションより引用

同ページを下にスクロールしていくと、オンラインでの解約手順が記載されているため、あまり悩まず進められると思います。

楽天ひかりメンバーズステーションより引用

進めていくと、解約した際の金額も途中で明記されております。

楽天ひかりメンバーズステーションより引用

最後に解約理由、回線撤去日(最短で2、3週間先でないと選択できませんでした)を指定し、終わりです。

楽天ひかりメンバーズステーションより引用

NTTへレンタル機器の返却

フレッツ利用の場合、別途NTTから機器をレンタルしていると思いますので、解約すると以下の通り、返却用の紙袋が送られてきます。

NTTのレンタル機器は箱に入っていたと思いますので、それら全て梱包し、送られてきた紙袋に入れゆうパックで配送すれば終わりです。

タイトルとURLをコピーしました