PlayStation5(PS5)に、推奨要件を満たしていないM.2 SSDを増設してみた

ゲーム
スポンサーリンク

PS5の空き容量が足りなくなってきたため、SSDを増設してみた。

※SSDにあまり馴染みがないため、ディスク増設という言葉を使いそうになる(*´ω`*)

本手順は、以下のサイトを参考に実施しております。

PlayStation®5にM.2 SSDを取り付ける方法

PlayStation®5にM.2 SSDを装着する方法(動画)

スポンサーリンク

準備するもの

・プラスドライバー×1(100円ショップで揃うかと)

・要件を満たしたSSD×1(Gen4でリード5,500以上と、かなりハイスペックです)

引用:https://www.playstation.com/ja-jp/support/hardware/ps5-install-m2-ssd/

・ヒートシンク両面でも、片面でも×1(今回は片面を利用しました)

・PS5本体×1

・広い作業スペース×1

↓この辺の利用しました。

要件を満たしているSSDということで、この辺も気になっておりました。

片面ヒートシンクであれば、一つで十分です。SSDの高さ制限もあるため気をつける。

昔購入したヒートシンクが転がっていたため、それを利用しました。

SSDの準備

今回利用したSSDは、「CFD CSSD M2B1TPG3VNF(Gen4、M.2-2280)」。若干古いですが、手ごろな価格で入手できたので採用。Gen4が必須で、Gen3だとPS5に対応しておりません(Gen4以外だとPS5側に怒られる)のでお気を付けください。しかも買ってから気づいたいのですが、リード要件の推奨値を満たしていなかったですwww

要件みたしていないって(ぉぃ

Gen4必須要件です

リード5,500以上が推奨のため、満たしていないです(´;ω;`)ウッ…

SSDを取り出して、ヒートシンク準備

片面だけにつけたので、こんな感じです

PS5への取り付け

では、PS5側です。ケーブル類を全部抜いた状態で実施してください。

ちなみに、一番苦労したのが、PS5の蓋外し。

どうやって外すねん!!!

となったのですが、参考したページの動画を眺めたら即外せました。

動画は必見です。まさか、スライドさせて外すとは。。

まず、こんな状態で配置します。。。わかりにくっ!

逆から見ると、こんな感じ

白いカバーを外すと。。。うーんシンプル。

以降、作業する場所は赤枠の部分です

プラスドライバーでネジ外す

さらに、右側のネジをプラスドライバーで外すと、ネジの下にある銀色の輪っかも一緒に外れます。

今回利用するSSDのサイズが、2280のため、80の位置に、先ほどの輪っかを設置しておく

あとは、ヒートシンクを付けたSSDを、慎重に差し込んで、ネジ止める

蓋も閉じて、ネジをさらに止める

で、PS5のカバーを、外すのとは逆の手順で戻します。カチッっという音がなるまでです。

PS5起動後の設定とか

では、ケーブル類を戻して、電源を入れると、

いきなり、こんな画面が出てきます。

もちろん、フォーマットを選択します
フォーマットは数秒で終わります。画面が滲んでいるような(つд⊂)ゴシゴシ

ここで、フォーマットが終わると読み込み速度の測定結果も表示されます。

表示された結果を見て。。。!!!?

あれ!?

ぎりPS5の推奨要件(5,500)超えているwww

通常、メーカの仕様は条件が良い状態での測定値であるため、意外だw

以下の手順でデータを移動できるらしいので、移動してみます。

ストレージの設定画面で、拡張領域が確認できます

拡張領域が見えた(`・ω・´)キリッ

1TBで認識しているようです

インストール先を、M.2 SSDストレージに変更できます。

インストール先 → PS5ゲームとアプリを選択
インストール先を本体から拡張したM.2 SSDストレージに変更できるようです

何はともあれ、一番やりたかった本体ストレージの容量を空けたい!

ということで、インストール済みのデータをM.2 SSDへ移動してみます。

画面が斜めっている。。。

500GB以上を移動中。

時間かかるかなぁ。。。( ゚ ρ ゚ )ボー

はやっ! 500GB以上を数分以内にコピーがオワタ。

データ移行後、M.2 SSDへ移動したゲームをいくつかプレイしてみましたが、特段問題なくプレイできました。

何事もなく作業完了(*´ω`*)

にしても、5,500リード超えていてよかたぁε-(´∀`*)

タイトルとURLをコピーしました